• ホーム
  • キントンレンジャー365とは

キントレンジャー365とは

 キントレンジャー365とは、サイボウズ株式会社が提供するクラウドサービス kintone 上で業務システムを開発するサービスです。お客様にレンジャーテラスにご来店していただき、定額36.5万円のワンプライスで私達キントレンジャーがその場で業務システムを作ります

来店型とは

 お客様にレンジャーテラスにご来店いただき、ご要望をお聞きしながら、その場で業務システムを作ります。この新しい開発形式を店型といいます。今までの業務システム開発のように、営業やエンジニアがお客様先を訪問してご要望をお聞きする形式を訪問型といいます。

定額・ワンプライスとは

 今までの業務システム開発は開発内容や作業量を事前に調査し、見積作業を行った上でそれぞれに応じた価格を算出するため、定額になることはありませんでした。新しい業務システム開発サービス キントレンジャーでは、クラウドサービスを活用した超高速開発を行うため、今まで必要だった多くの作業が不要となりました。さらにお客様と一緒に内容を確認しながら、業務システムをその場で作ることができるようになったため、完成までの作業回数を限定することが可能となり、見積作業無しの定額・ワンプライスでの開発が実現可能となりました。
 また、今までの業務システム開発の価格の中にはサーバ-、ソフトウェアの価格も含まれるため費用が高くなりがちですが、新しい業務システム開発はクラウドサービスを活用するため、サーバーやソフトウェアの購入費用やセットアップ費用も不要です。定額、ワンプライスでできる理由は純粋に業務システムを作るだけの費用となっているからです。

その場で作るとは

 まさに文字通り、お客様の目の前で業務システムを作ります。難しい言語でプログラミングをしているところをお見せするのではなく、お客様の目の前で入力画面や一覧画面を作ります。お客様がこの項目を追加したい、レイアウトをこうしたいというご要望もその場で取り入れていきます。作っている過程で実際に動作を確認することもできます。

 新しい業務システム開発 キントレンジャーは今までの開発の問題を解決するために生まれました。今までの業務システム開発では開発会社が持ち帰って内部作業として開発を行います。開発会社はお客様のご要望をお聞きしたあと、要件定義書や設計書を作ってお客様と認識相違がないかを確認します。そのため実際の開発(プログラミングやコーディング)に着手するまでに多くの時間と作業を必要とします。その上、お客様は完成するまでシステムに触って確認することができません。完成するまで時間がかかる上に、完成後に動作確認したら要望と違って、さらに追加修正で時間と費用がかかってしまったいうことも起こります。

 確認のための多くの作業、持ち帰って作ることのロス、認識相違による追加作業、これらをなくし、時間も費用も掛けずに業務システムを作る方法はないか、お客様の目の前でご要望をお聞きしながら、一緒に動作を確認しながら、業務システムをその場で作ることができたら、この問題は解決できると考えました。

 その解決策、その場で作る方法は、サイボウズ株式会社が提供するのクラウドサービス kintone を使った業務システム開発です。kintone は今まで必要であったプログラミングやデータベース構築といった作業を不要とするもので、パソコンのブラウザー上でマウス操作により業務システムを作ることができます。専用の開発環境や開発ツールが不要なため、パソコン1台あれば、お客様の目の前で業務システムを作ることができます。まさにその場で作る新しい業務システム開発を実現するものです。

Copyright (C) IT Plus One inc. All Rights Reserved.